日光白根山 2014.03.21-22

2月は仕事が忙しくてなかなか山にもいけなかったが、ようやく仕事も落ち着いてきたしせっかくの連休ということで泊まり山行を計画。
行き先は日光白根山、電車を乗り継いで行ってきましたが京急→都営浅草線(直通)→東武伊勢崎線(日光)と意外に手軽な乗り継ぎでいけることがわかった。

東武日光駅に到着時はご覧のような晴天であったが、が、が、いろは坂をこえ中禅寺湖にいたると様相は一変地吹雪となっていました。戦場ヶ原も荒涼とした雪原に、先行きが不安だ。
画像


10時、湯元温泉にバスが到着スキー場のリフトを降りると登山開始。2人組パーティと数人パーティとほぼ同時に出発。途中雪が深くなってきたあたりでワカンをつけて登っていく。急登であるが難所もなくガシガシ登っていくと稜線に出た。時折青空が見えるものの、徐々に強まってきた風に雪煙が舞い上げられふぶいているような錯覚を覚える。

途中、あまりの強風で前白根から引き返してきたパーティとすれ違った。本日私とKさんが目指すのは前白根を越えて行った所の非難小屋、どれほどの強風なのかと不安を抱えながら先に進んだ。

午後3時前前白根山頂に到着したが、体ごと飛ばされそうになるほどの強風のため先へ進むことはできなかった。前白根からやや戻ったところで幕営することにしたが、前白根山頂ほどではないにしろここも風は強くテントを張るのに一苦労した。
今日は非難小屋でまったりできる算段だったのが、強風の中でのビバークとなりモチベーションは一気に低下。さらに、突発的な強風でテントが破損。テントはペグではなくピッケルで頑強に固定していたのだが、そのペグ打ちするループがテントから根こそぎ取れてしまった。こうなるとテントは風であおらせ、しかも風向きが一定でないため夕飯のしたくもままならなかった。何とか食事を済ませると18時30分頃早々にシュラフにもぐりこんだ。

まるで滝のような風の轟音とテントごと持ち上げられるようなあおりでなかなか寝付けなかったが少しは眠れたようだ。外が明るくなってきたところで2人おきたが、風は昨日よりはましにはなったものの時折強い風が吹き付ける。
それでも昨日よりは視界がきいたので奥白根山のほうを見やると、
画像


どよ~ん。

こりゃあ行っても登れるかどうか、ということで下山することで意見が一致。テントをたたむとさっさと下山を開始した。ガシガシとラッセル&シリセードで1時間半で下山、昨日は5時間もかけて登ったのに下りは一瞬だった。
降りると湯元温泉で温泉に入って帰ってきました。

前日の降雪、スポット的に冬型の気圧配置と何かとツキがない山行であったが、今回は条件が悪いなりにもいいペースで登れたし、悪条件でのビバークも経験できたりと経験値は上がったと思う。

白馬五竜に続き課題となってしまったが、条件がよいときに再挑戦だな。

(写真はこの2枚しか撮ってなかった。。。天候&テンションが低くてとる気になれず)

"日光白根山 2014.03.21-22" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント