明神主稜 2013.10.12-13 2日目

2日目

5時半頃起床。夜中寒さで3時間おきに目が覚めたがそれにしてもよく寝た。私は頭痛も治まったがKさんはまだ痛いらしい。これはいつものパターンなのでしょうがない。

外に出ると、雲ひとつない快晴であった。ときおり強い風が吹きつけ地面にはうっすらと雪がついているが、これはいくしかないでしょう。

画像


南側、眼下には梓川と上高地、左には霞沢岳、右は焼岳、奥に乗鞍と御嶽山。
画像


西方は白山まで見渡せる。
画像


東南方面、遠く南アルプスとその先に富士山。
画像


食事はとらずこの日はこまめに行動食を摂ることにし7時過ぎに出発した。まず目指すのは5峰、したの台地にはテントがひと張りあった。2人組パーティーと距離を置いて挨拶をし先へ向かう。前穂方面から降りてきたらしく、テントを片付けたら私たちが登ってきた道を下に向かっていった。

5峰は意外に勾配があったが、岩場を縫って登っていくと30分ほどで山頂に着いた。
画像


画像


頂にはピッケルが刺してあった。
画像


5峰の山頂を越えると見えなかった4峰と3峰が姿を現す。
5峰よりは立って見えないが抱け沢側からの風が強いので、右の崖を意識しながら歩いていく。
画像


画像


4峰へ向かう途中、5峰を振り返る。
画像


4峰を目指す。
画像


4峰到着、すると行く手には岩の塊のような3峰、そして天を貫くような2峰、そして主峰が姿を現した。
画像


振り返っても絶景が広がる。
画像


3峰への登りはルートファインディングと、やや高度感のある岩登りがある。これは一般ルートでは経験できない世界だ。
画像


画像


3峰山頂からそのままリッジを2峰へ向かったら行き詰ってしまった。どうやら岳沢側を巻いていくらしい、途中からスリル満点のトラバースをした。日陰の岳沢側の足元は雪が残りスリップに注意しながら慎重に下った。
2峰に取り付くと行く手から下ってくるパーティとすれ違った。さらに2峰山頂直下の懸垂ポイントで、ビレイ中のパーティ待ち。
行動食を摂りつつしばし休憩した。

この岩が支点となり、裏が懸垂ポイント。ビレイ中の人が見える。
画像


明神槍
画像


懸垂下降開始。2ピッチで主峰の取り付きへ。
画像


画像


懸垂を終えると主峰への短い登り。山頂に着くと前穂の全容が認められた。疲労もできてきているので道のりが遠く感じられるが、この好天の景色がテンションを維持してくれるのも事実である。
画像


前穂まではいくつかの小ピークを越えながら行く。途中、2ピッチの懸垂がありここは日陰で風が強くて難儀したが、無事にクリア。
画像


重太郎新道には下山者たちが渋滞しているのがはっきりと見てとれる。われわれがあそこを通る時間にはすっかり解消しているだろうと思いながらひたすら前穂の頂を目指し前へ。
一般ルートの分岐を越えて、14時30分に前穂の頂上に到着した。

手前には北尾根2峰が、そしてその先には槍ヶ岳が見える。
画像


いつもは撮らない2人での記念写真、会心の登山にせっかくなので。
画像


感動に浸るのもつかの間、時刻は15近いがこれから4時間の下りがまっている。この時点でヘッデン残業は確実であったが、岳沢小屋までの急な下りはなんとしても明るいうちにたどり着かなければ。
急な坂とはいえ、これまでの行程に比べたら非常に快適な重太郎新道を下山する。
画像


途中から明神主稜を振り返る。
画像


くたくたになりながらも16時30分に岳沢小屋に到着。この時点で上高地からの18時発最終バスは絶望的であったが、泊まるにしても翌日に行程を残す気に離れずとりあえず上高地まで下ることにした。

画像


途中で日が落ち予定通りの暗闇下山となった。
誰一人としてすれ違わない暗闇の道をひたすら下り18時30分に岳沢登山口に到着した。15分ほどおくれてKさん到着。ここからは平坦な木道歩きであるが、それでも疲れた体にはこたえる。
ようやく上高地に着いたのは19時。
バスは最終がちょうど出て行くところであった。どうやら時間を延長して運行していたらしい。最終バスが動き出すのを50m手前でを見送りタクシー乗り場の行列最後尾に並ぶことにした。往復切符買ってあったのに・・・

それから後続のパーティは現れず私たちが最後の乗客となったが、乗り合いタクシーに乗ることができて20時前に沢渡駐車場に到着した。この日上高地はすごい人出で、トンネルゲートを閉める時間も延長していたそうだ。

帰りは中央道の渋滞も解消しているかと思いきや、大和トンネルはいつものごとくの大渋滞。結局東名経由でKさんを下ろして自宅に着いたのは夜中の2時だった。とにかく疲労困憊であったが、それにも勝る満足感を得られた山行となった。

"明神主稜 2013.10.12-13 2日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント