広沢寺 クライミング 2013.09.28

今後バリエーションルートに行くにあたり、ロープワークや連携を練習しておいた方がよいだろうということで家からも比較的近い広沢寺のゲレンデで練習してきた。
10時過ぎには混み合うということで5時にKさんと待ち合わせ、駐車場に着いたのが6時30分であった。駐車場には1台の車も見当たらず1番乗り確定。早速林道を歩いていくと、右手に開けた岩場が見えてきた。予想していたよりはずっと狭いが、それでも高さは50mはある。ここを登るの?と少々戸惑いながらも七沢を渡って岩場の下へ。

前日の飲みすぎがたたって体調は悪いがハーネスをつけて、Kさんからおさらいがてら一通りの説明を受けた。これまでの沢登りでもロープは何度も使っていていつもなんとなく連携できていたが、しっかりと手順を守っていたわけではない。コールも沢音で聞こえないので様子を伺いビレイ解除等をしていたが、マルチピッチをやるからにはやはり2人の連携をもっとスムーズに行えるようにする必要があった。

程なく後からパーティがやってきたが、我々の簡単ルートとかぶることはなかった。

まずはKさんがリードで登りトップロープをセットし、私が初挑戦。Ⅲ級+~Ⅳ級くらいと思われるが、意外にもあっけなく登れた。初めて履くクライミングシューズはまだまだ信用できないながらも、極々小さなスタンスでもしっかりと立ちこめるしスメアでもフリクションが効く。これまでの沢登りの経験のおかげであることは明らか、体調がよければ続けてより難しいルートに挑戦したいところであったが、今日はこのルート限定で経験をつむことにした。

画像は他パーティ、我々は右端にルートを取った。
画像



その後リードで登ったが、トップロープとは違いさすがに緊張感が高まる。特に最後の支点の下が難しかったが、何とかクリアした。

9時半を過ぎるとだいぶパーティも増えてきたため、最後に私が登り、セカンドビレイを経験。支点でのロープワークがなかなかうまくできず、大変であったがこれは今後練習していくしかないだろう。
10時に切り上げ、昼過ぎには帰宅した。手軽に練習ができたし、収穫も多かった。

画像は他パーティ
画像

"広沢寺 クライミング 2013.09.28" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント