釜ノ沢 西俣 甲武信ヶ岳 2013.09.21-22 1日目

1日目

ようやく天候が安定した週末、3連休のうち土日で奥秩父、東沢釜ノ沢 西俣へ行ってきた。
釜ノ沢は行程の長い西俣よりも東俣が人気とのことであるが、連休ということもあり多くのパーティが入渓していることが予想されるため、西俣の方が静かだろうと想定し西俣に行くことにした。西俣をつめると下山の行程で甲武信ヶ岳を登ることになる、一度は登ってみたかった山なので一石二鳥である。

当初前日夜出の予定であったが、予定を変更し土曜日の朝4時にKさんと待ち合わせ、一般道を使って西沢渓谷駐車上を目指した。最近は夜明けもだいぶ遅くなり、5時30分頃にようやく視界が明るくなってきた。駐車場へは7時30分頃に到着、少ないながらもすでに結構な数の車が停まっていた。仮眠をとってゆっくり出発する予定であったが、眠れそうもないので8時30分に出発した。多くのハイカーが西沢渓谷へ向かう林道を歩いていく。

まもなく東沢と西沢の二俣に到着、ここで一般ハイカーとは道を分け東沢の右岸沿いの踏み跡に入っていく。やがて鶏冠谷の出合いに着くとここで最初の渡渉。Kさんは沢足袋に履き替える。私は全行程をアクアステルスのシューズで通す。

画像


左岸に渡り、不明瞭な道を進むと眼下にはホラの貝ゴルジュが見える。
画像


ゴルジュに沿ってトラバース、沢に下りて再度トラバースの繰り返し、途中ルートファインディングがまずく何度か踏み跡をはずし時間をくってしまったり、先行者の足跡をたどってホラの貝へ誘われたりしたがその都度ルートを見直しなんとか進んでいけた。このコンビ、相変わらずルートファインディングがいまいち・・・
画像


画像


ようやく山の神と呼ばれる祠に到着すると、この先から本格的な河原歩きとなる。
画像


画像


まったく高度を上げない河原歩きが続く。途中には特徴的なスラブ岩が見られる。
画像


画像


画像


まもなく右手にスラブの滝が見えてきた。どうやら東御綾沢らしい。
画像


そこからやや進むと左手に乙女ノ沢。
画像


圧倒的な大岩盤などを見物しながらの河原歩き。
画像


退屈してきた頃、右手に東のナメ沢が見えてきた。
300mに及ぶスラブ滝は圧巻、せっかくなので傾斜がゆるい1段目を登ってみた。アクアステルスなら楽勝、フェルト底のKさんも簡単に登る。
画像


アクアステルスならこの先3段目くらいまではいけそうに思えた。それからすぐに、かの有名な場所へ。左岸を歩いていくが、足を滑らせると水の中までずるずると落ちる。ここは結構な深さがあり、落ちると全身水に浸かってしまう。水温がかなり低いので絶対に落ちたくないところだ。フェルトのKさんはやはり苦戦、途中私が支えて突破。
私は楽勝、アクアステルスが相性抜群である。
画像


西のナメ沢、圧巻の東のナメ沢を見た後だと小ぶりに感じるがよく観ると上流まで滝が続いている。右岸にロープあり。
画像


釜はどれもエメラルドグリーンでホラの貝ゴルジュのブルーとは対照的な美しさだ。水温が高ければ泳ぎたいところだが、この日の水温ではとてもそんな気にはなれない。
画像


河原歩きもいい加減飽きてきた頃、ようやく釜ノ沢の出合いに到着。この先、魚止めの滝でこの日初めて別パーティに遭遇した。
画像


千畳ノナメが始まる。
画像


画像


水流が激しかったり傾斜が強いところもあり油断はできないが、それでもこのナメはすばらしい。
画像


画像


画像


やがて両門ノ滝に到着した。右の滝が東俣、左の滝が今回遡行する西俣の滝である。どちらも直登はできないので巻くことになる。西または右岸か両滝の間を登って巻けるらしいが、真ん中へは釜を泳がなければならないので右岸からリッジを登り落ち口までトラバースした。
画像


落ち口の滝を過ぎるとゴルジュとナメ滝が出てくる。どれも快適に通過。
画像


やがて左岸に丘状の陸地が見えてくる。時刻も14時半になるので、ここで今回の幕営地とした。
タープを張り寝床を確保、焚き火を始めた。1回で着火しあまりにもあっけなくて拍子抜け。ビールと梅酒を沢で冷やせばあっという間にキンキンに冷えた。
画像


画像


画像


焚き火に枯れ枝をくべながらビールと梅酒を飲む。やがて、周囲が暗くなってくると、ヘッドランプの明かりをたよりに簡単な食事をとった。
一日を通していい天気に恵まれた。明日も晴天を願い19時に就寝。
画像

"釜ノ沢 西俣 甲武信ヶ岳 2013.09.21-22 1日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント