白毛門沢 2011.09.10

天気予報が二転三転し、どうなることかと思ったが現地についてみると申し分のない晴天。土合駅の先にある踏切を超え最初のカーブ地点にある駐車場に車を止め、白毛門沢入渓地点へ。
上越の沢デビューです。

画像


入渓してすぐにナメ滝が現れた、大きな岩の間を豊富な水量が滑りぬけていく。
画像


15分ほど歩くとひときわ大きな滝の音とともに巨大なナメ滝が姿を現した。「ハナゲノ滝」だ。ガイド本やWebの写真を見るよりも傾斜があるように感じる。
画像


画像


振り向いてみる。結構急だと思うけどどうでしょう?
画像


今回は携帯で動画も撮ってみた。


ハナゲノ滝をクリアするとナメ滝が連続する。一枚岩のスラブで滑らないよう気をつけて歩く。
画像


しっかし天気いいねぇ、こんなに天気いい日の沢登りは初めてだ。やる気アップ!
画像


東黒沢と白毛門沢の分岐、ここを左に進む。ようやく白毛門沢スタートです。
画像


沢幅はやや狭くなったけど、それでも丹沢や奥多摩と比べると広くて明るい。快適なナメ滝が続きます。
画像


画像


画像


画像


画像


大パーティが先行していた。ロープで登っていたのでしばらく待つ。高度はあるものの、ルートがはっきりしていたので自分たちはノーロープでクリアした。Kさんちょっと滑り落ちて肘と膝を痛める(多分打撲)。
画像


まだまだナメが続く。
画像


画像


画像


大きな滝が現れた。「タラタラのセン」かと思ったら違うらしい、「偽タラタラのセン」
画像


偽者を直登する。足元は悪い。
画像


高度感抜群です。
画像


画像



本物の「タラタラのセン」。下段は高さはないがやや難しい、ロープ確保でクリア。
画像


中段と上部大滝。ここは高巻く。
画像


巻きの途中から。
画像


動画



核心部をクリアしほっとするが、先は長い。まだまだ楽しめるよ。
画像


画像


大岩はあえて水量の多い左岸を行く。
画像


画像


山頂が見えてきた!って力入れて言うほど近くないですけど・・・
画像


気持ちいい遡行が続きます。
画像


カエル
画像


画像


画像


画像


動画、楽しい楽しい


だいぶ登ってきたな~。右奥に天神平が見える。
画像


源流部、水も涸れてきた。
画像


急なスラブ。すごく急です、伝わりますかね?
画像


画像


あと10mで山頂。
画像


着いたー。
画像


本当に山頂に出るんですねー。白毛門なんてマイナーな山、ほとんど人もいないかと思っていたら、登山道を次から次へと人が登ってくるのでびっくりした。

あぁ、この景色のためか、納得です。

笠ヶ岳(左)と朝日岳(右)
画像


谷川岳と一ノ倉岳、正面が一ノ倉沢。
画像


詰めは急なスラブの岩登りがあったりしてきつかったけど、天気も最高で白毛門沢は最高に楽しかったわー。
気分爽快
Kさんは過去に遡行したときの記憶があまりなかったらしいけど、今回はすごく楽しかったようだ。

そして、今回はロープ使用も1回だけでタラタラのセン以外は高巻きもせずに登ることができた。
自分的には「登れた」ではなく「登った」と思ったね。うん、確実に自信が持てた

下りは一般登山道から。
登山靴を忘れてしまってスニーカーで降りる・・・が、西黒尾根のような急な降りでつま先が痛すぎ

くだり途中から見たジジ岩かババ岩
画像


つま先をかばった変な歩き方で2時間ほどで下山。お疲れ様でした。
画像


帰り道は渋滞もなく3時間で帰宅できた。また行きたいなー。

"白毛門沢 2011.09.10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント