南アルプス縦走(聖岳、赤石岳、荒川三山) 最終日 2009.09.19-22

2009年9月22 第4日目

途中うつらうつらと眠ったり起きたりを繰り返して、3時30分頃に起床。朝食はとらず、午前4時過ぎに椹島を目指して下山開始です。

画像星は見えない、どうやら曇りの様子。物音ひとつしない森の中をヘッドランプの明かりを頼りに歩きます。前方の闇の中に先行している人のヘッドランプがちらちらと見えます。道ははっきりとしていてそれることもないです。緩やかな下りが続き時折急な下りになる感じでしばらく歩いているとだんだんと明るくなってきました。
清水平という水場についた頃にはだいぶ明るくなり、ここで朝食。私たちの定番、生ハムとチーズを挟んだフランスパンを食べました。ここは水場ですが水量はほとんど枯れる寸前のちょろちょろ流れる程度、何とか水を補給し再び下山開始です。ここから2時間程で椹島、もう一息です。

画像最後の見晴台を過ぎ、急坂を越え、つり橋を過ぎると漸く登山口に到着です。長い縦走が終わりを迎えます。漸く到着したという安堵感、達成感とこれで終わりなんだと思うとやっぱりちょっと寂しい気持ちになりました。
登山口から10分ほど歩いて午前8時15分椹島到着、今回の縦走が完結しました。早速、宿泊時の領収書を見せてバスの整理券を受け取ります。なんと8時40分発のバスになるようだ、ラッキー

早速コーラを探しますが、ここでも売り切れ・・・またCCレモンです。

バスに揺られること1時間、駐車場につくと着替えもそこそこに帰路につきました。午前10時に駐車場を出発し、12時には静清バイパスに乗ったのですが、東名高速がUターンラッシュのせいで大渋滞とのこと、昼食等を食べて渋滞を避けつつ沼津ICまでは国道1号線を走りました。沼津ICから東名に入ると渋滞もなく流れています。これは結構早くつけるかなと思ったのもつかの間、複数箇所での事故のため秦野中井を過ぎると大渋滞に。。厚木ICを降りたのは午後16時を過ぎていました。それでも、18時には帰宅できたのでよかったです。
帰宅後はシャワーを浴びて4日分の汚れを落とします。もう、シャンプーとか石鹸とか全然あわ立たないの!4日間も汗かいて風呂に入らなかったという経験も初めてだったな~、でも結構平気でしたけど(笑

さっぱりした後は夕食に焼肉食べに行ってきました最終日に椹島へ宿泊しなかった分のお金を焼肉に回せたのだ

あ、下山後の体重計るの忘れた・・・


4日目行程

千枚小屋 - 椹島 -(バス)- 畑薙第一ダム駐車場



エピローグ

今回の南アルプス縦走ですが、当初は達成できるのか不安でした。実際2日目、3日目は本当にきつかったですし、3日目の計画変更はかなり無謀なものでした。結果千枚小屋までたどり着けたけど自慢は出来ないな~、人にも薦められない。それでもこの大縦走を成し遂げられたのは自分にとって大きな自信になりましたし、今までの自分の限界を越えられたという実感があります。このコース歩けたら体力的にはもうどこでも歩けるかな。

ただ忘れていけないのは、達成できた裏には連日好転に恵まれたことや、小屋や道中であった人が皆親切で元気を分けてもらったというようないくつかの幸運が私たちをサポートしてくれたことも欠くことのできない要因としてあったということです。
もちろん南アルプスの山々が素晴らしかったからこそ成し遂げられたということも。実際苦しい時にふと周囲を眺めると素晴らしい景色が絶えず見られたのにはとても助けられました。

無理だと思うことでも挑戦しなければ先は見えないし、今回はそういう意味で自分の可能性がさらに開けたのではないかと思います。先にも述べたとおり「無謀な」挑戦はするべきではないですけど(^^;

南アルプスは一つ一つの山がでっかくて美しくてきつくて途中いやになったり打ちのめされたり色々ありましたが、それでもやっぱり素晴らしい山々でした。いつかまた歩きたいと思います、そしたらまた違った側面が見えるのかもね。まぁ、しばらくはいいけど。

そして、帰宅後数日してこの日記を書いてるわけですが、下界の1日1日が早いのなんの!あっという間に日が過ぎていく。やっぱり山でゆっくりとした時間を過ごす方が歳もとらなくていいね(笑


おしまい



今回登頂した山
・小聖岳 2662m
・前聖岳 3013m(百名山)
・奥聖岳 2982m
・兎岳 2818m
・小兎岳 2738m
・中盛丸山 2807m
・赤石岳 3120m(百名山)
・小赤石岳 3081m
・荒川前岳 3068m
・荒川中岳 3082m
・悪沢岳 3141m(百名山)
・丸山 3032m
・千枚岳 2880m

"南アルプス縦走(聖岳、赤石岳、荒川三山) 最終日 2009.09.19-22" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント