四阿山 2009.06.27

梅雨のこの時期、またまた好天に恵まれた今週は群馬・長野の県境に位置する四阿山(あずまやさん)に行ってきました。今回は長野、菅平側から上ります。
画像


いつもどおり4時30分に自宅を出発(最近遠出が多い・・・汗)、関越道を北上し8時頃に菅平スキー場の上方、ダボス牧場駐車場に到着(牧場入り口で1人200円の入場料が必要)。駐車場はすでに多くの車が止まっており、私たちは3段目の駐車場に注射しました。準備&ストレッチをして8時15分に出発、まずは四阿山の隣に座する根子岳を目指します。この根子岳、先週の平標山に続いて花の百名山に名を連ねています 高山植物を愛でるわれわれ夫婦としては期待が持てます
左右を牧場に挟まれた登山道は登山口からある程度の勾配があり最初から汗を搾られます。牧場を離れると周囲は躑躅の群生になりました。
画像


登山口から根子岳山頂までは地図のコースタイムでは2時間10分となっていましたが、私たちは1時間40分で上りました。標準タイムはちょっと信用できないな・・・
さて、ここからが正念場です。いったん鞍部に200m程度下って、そこから300mほどの急坂を上り返します。景色をみてもめっちゃ下ってる・・・(汗
画像


5月に縦走した丹沢を髣髴とさせる稜線を歩き鞍部へ。ここからののぼりは本当にきつかった。笹薮の急坂を登っても登っても上が見えず、50m登っては ハアハアしてる状態。やっとこさ登りきりるとそこは涼しい風が吹く稜線、山頂まではあとわずかでした。最後の階段を登り山頂に到着 標高は2300mもあるのにすごい虫の数で閉口しました・・・
山頂から北側、白根山とか苗場山方面。虫が・・・
画像


山頂からちょっと下ったところで昼食をとり下りは中四阿方面へ、景色の良い稜線を下ります。今回の山は先週の平標山に比べるとお花畑というほどの高山植物群生地はありませんでしたが、所々に咲いているのが綺麗でした。

これは先週見れなかった、ハクサンチドリ。
画像

途中、高山植物を見つけては足をとめながらの下山でしたが、下りは1時間50分ほどで下山。地図上のコースタイムでは6時間超えでしたが実際には昼食含めて6時間で往復。2000m超えでもさすがにこの時期は暑いですね、今回は飲料水を1.5持って行ったんですが下山の途中でなくなってしまいました。夏場は2Lは必要かも。。。


2時過ぎには下山し、時間が早かったので、帰路の途中でこんなところへ寄って見ました。
天然の要害


そうそう、実は今回の山行に新兵器を導入しました。TheNorthFaceのミッドカットシューズでHedgeHog(ハリネズミの意)という名前のもの。
画像

いつも使っている登山靴は靴底が硬く、お手軽山行だとアプローチの平坦な道で帰って負担になっていたのと、靴底が磨り減るのがもったいなかったため、比較的手軽な山用に新調したのでした。

履き心地はもちろんいいのですが、特筆すべきはグリップ力です。ビブラム製のソールは期待を裏切りませんでした。
画像

パターンデザインの効果もあるのでしょうが、しっかりグリップしてくれます。ただ、ソールがやわらかいため、つま先立ちで足場を確保しなければいけないような場所ではむしろふくらはぎ等への負担が大きいです。
それでも、本格的登山靴には無い軽量性、ソールのクッション性等多くのメリットがあります。これからも低山を中心に活躍してくれることでしょう



【送料無料!】☆今なら当店オリジナルシューズ袋プレゼント!☆  Hedgehog Mid GTX XCR/THE NORTH FACE ノースフェイス/トレッキングシューズ
クレブスポーツ通販事業課
ライトウェイトなトレッキングに最適なマルチスポーツシューズが、より軽く、より快適に進化しました。足首



"四阿山 2009.06.27" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント