城めぐり 2009.05.31

今日は城(城跡)めぐりをしてきました。
私たち夫婦は、日本百名城なるものをめぐり、スタンプラリーをしているのです。最近は山ばっかりで、城のほうはご無沙汰になってましたが、久々の登城となりました


関越自動車道から上信越自動車道を通り、まず訪れたのが長野県上田市にある上田城。真田昌幸の築城した城です。
画像


その次は、長野県松代市にある松代城跡(海津城)。築城は彼の武田信玄で、川中島の合戦で重要な役割を果たしました。江戸幕府開府時には真田昌幸の長男、伊豆守信之が知行しました。
画像


さらにその次は松本城(深志城)。現存12天守としてあまりにも有名です。有名すぎて混み混み(汗。天守閣に上がるのは断念しました。
画像


そして最後は、高遠城。そう、あの池上正太郎の傑作小説「真田太平記」の書き出しに登場する城です。
画像


今日は日本百名城を一気に四つ制覇しました。


帰りは中央道で変える予定でしたが、小仏渋滞してるみたいだったので約100km遠回りして上信越-関越経由で帰宅しました。途中、前方10mも見えないほどの豪雨に遭遇しましたが(画像は大分ましになってきたときのもの、こんなものじゃなかったです)、レガシィの高いスタビリティでクリアできました
画像

前を走ってたLS460も道を譲ってたもんなぁ、そんな中安定して走れるのはすごいと思います。 そして、本日の走行距離は600kmを越えたわけですが、満タンで出発して途中給油なしで帰ってこれました!!2Lターボでこの燃費、これもすげーー

"城めぐり 2009.05.31" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント