竜喰谷 2013.08.31

8月最終日、全国的に前線の影響で曇り空の中関東だけはなぜか晴れ予報。当初、上越の沢を予定していたが急遽予定を変更して奥秩父の竜喰谷へ行ってきた。
竜喰谷は一ノ瀬川水系、奥多摩に属するかと思っていたが奥秩父らしい。

5時にKさんと待ち合わせて石楠花橋に着いたのが8時過ぎ。すでに何台か車が停まっていたが一ノ瀬林道はところどころ路肩に駐車スペースがあり困ることはない。
軽く朝食を済ませ装備をつけて8時40分に出発した。

で、いつものごとく竜喰谷の出合いがわからずにうろうろ、入渓点から上流下流を探して上流の滝から右に分け入るところが竜喰谷であった。20分ほどロスしたが気を取り直して9時に出発。一ノ瀬川の本流に比べ、水量はぐんと減り、ブナの葉の隙間から日差しがさしてくる。沢幅も広く、丹沢や奥多摩とくらべとても明るい。
画像


水量は予想していたより少なかったが、それでも十分にあるし水もちょっと冷たいかな。まぁ、今日のような真夏にはちょうどいい。ナメがきれいないい沢だ。
画像


しばらく歩くと立派な滝が現れた。遡行図で確かめると精錬場の滝8mのようだ。右壁を登れそうだが取り付きまでいくと結構なシャワーで上を向くとコンタクトが外れそうだったので素直に巻くことにした。
画像


画像


滝の釜は大きくて深いのが多い。
画像


竜喰谷最大の下駄小屋の滝、3段12m。
画像


画像


下段は左壁を登る、登りきったところに残置スリングがあるのでこれをつかんで落ち口にトラバースする。2段目も左側から巻き気味に登るが水流に落ちるとおそらく下段も落ちるので気をつける。スリングつかみながら撮影した。
画像


2段目水流
画像


3段目落ち口に立つKさん。手前の左壁を乗り越す。
画像


きれいな滝が多い。
画像


ナメ
画像


でかい釜は
画像


泳いで
画像


こえる
画像


核心の曲り滝10mは先行していた2人パーティがちょうど上り終えたところだった。我々は巻いたがこの巻きが悪かった。左から踏み後に沿って登っていき、30mほど上の稜線に出てリッジを超えたら滝の落ち口へ15mほどのクライムダウン。登りは特に落ちたらただではすまないところだった。巻きもここが核心。
画像



あとは楽しい滝、滝、滝
行程が結構長いのでめんどくさそうなところはさっさと巻いて先を急いだ。が、途中でなんでもない滝で倒木から登ろうとして足を滑らせて釜に落ちた。1m程の落下であったが、負傷箇所多数。左手のひらに打撲、左足ふくらはぎ肉離れ、右ひざ強打。その後は左足ふくらはぎが痛くてなんでもないところで転びそうになったって左手を突いて打撲箇所悪化したり、気持ちも萎え萎え。簡単なところでも油断大敵ということですね。
画像


画像


水流沿いを行ったが滑っていてちょっと怖い、微妙なフリクションで登っていく。
画像


ホールド、スタンスともに多いがやはり滑っている。
画像


遡行も終盤、せっかくなので激シャワーをわざわざくらう(笑)
画像


ずぶ濡れだー
画像


源頭部は傾斜もなく歩きやすい。
こんなところをしばしあるくと大常木林道に出てここで遡行終了した。コースタイムが5時間のところ、3時間15分で終了できたのはよかった。
画像


画像


ギア、ヘルメットをはずしここで昼食、その後12時40分に大常木林道を二ノ瀬へ向けて下山。途中の分岐を左に降れば二ノ瀬へ出る。緩やかな山道を汗もかかずに快適に下り、14時20分二ノ瀬に着いた。
画像


下界は真夏の空気であった。
画像


滑りが多いとの情報で今回はフェルトの靴を持っていったが、それでも結構滑った印象だった。一方Kさんはそれほどでもないと言っていたので、もしかしたら前回のアクアステルスとのギャップが大きかったのかも。
この沢は釣り師が多いらしく、この日も3名パーティ1組にあったが、いやな顔せず先を譲っていただいた。われわれの先にも6名沢登りパーティが先行していったと言っていたので、すでにあきらめモードであったのかもしれないがこちらもなるべく迷惑にならないよう水線を避けて追い越した。

比較的簡単に登れる滝が多かったし、水と戯れられたのも楽しかった。人気があるのもうなずけます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック