小草平の沢 2013.6.8

Kさんが出張から戻ったのでどこか山に行きましょうということで、丹沢に行ってきた。
久しぶりなので簡単なところがいいかなと、選んだのは小草平の沢。

大蔵尾根の西側、四十八瀬川に流れるこの沢は有名な勘七ノ沢と二俣で分かれており、行程も2時間程度とかなり手ごろ。下りも登山道を利用できるので沢はじめにいいと思った。

9時ごろ表丹沢県民の森に到着すると駐車場、路肩まですでに来るまで一杯。どこに停めようかと思ったが、駐車場の端に一台分のスペースがあったのでそこに停車した。
準備をして出発、林道を二股まで歩く。

入渓するとすぐに左手に勘七の沢があった。ちょっとF1を見に行ってみた。そしてちょっと取り付いてみた。
Kさん曰く結構難しいらしいが、高度もなく結構いけそうな感じがした。が、ここは後日にとっておこう。

二股まで戻り、小草平の沢に入る。と、F1(6m)が見えてきた。今回は初級の沢ということで私がリードで登る。
画像


登りはじめということでちょっと緊張したが、ホールド多く結構簡単にクリアできた。
落ち口からKさんを撮影。
画像


間髪いれずに3段の滝。
画像


Kさんに撮ってもらった。
画像


続けて2段目
画像


簡単な滝が続く。
画像


画像


行程中ほどまで来たころ、手に違和感が・・・蛭がくっついていた!幸いまだ吸血されてはいなかったのでデコピンで撃退。間髪いれずに2匹目、3匹目が襲ってきたがこれも撃退した。やっぱり、この山域も蛭が多くなってるようだ。停滞していると襲われるので先を急ごう。

以降気が気でなく、写真もない。

で、後半の6m滝。
画像


画像


ここは左岸から高巻いたが、トラバースがちょっと怖かった。
続けて、すだれ状の滝。
画像


その後は水流も少なくなり、
画像


まっすぐに詰めると大蔵尾根の堀山の家手前に出た。途中、遡行図に記されていた堰堤は見当たらなかったな、木で道がふさがれてたりしたので埋まってしまったのかもしれない。
画像


この後登山道を下り、入渓点で沢足袋を洗っているとまたもや蛭が手に・・・例によってデコピンで撃退した。ロープ出すこともなくほぼ直登、蛭さえいなければ快適な登攀であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック