モミソ沢 2012.10.27

だいぶ気温も下がってすっかり秋モードですね。
今回はモミソ沢を遡行予定。1時間半程度で遡行できるお手軽な沢ですが、最後に大滝が控えています。

新茅山荘前の駐車場は意外にも車が少なく、静か。
それでも懸垂岩まで行くとすでにたくさんの人が登ってる。私とKさんはチラッと岩を見ただけですぐ隣の沢へ。入り口の喧騒はすぐに消え、沢の流れる音だけが響く別世界へ。
画像


沢は小さい滝があり、小さいゴルジュがあり。突っ張りで登る滝が多く、ちょっと面白い。
画像


画像


画像


順調に進み、最後の大滝。
ここはKさんがリードする。ビレイ中にパチリ(真似しないでね)
画像


続いて私もクリアできた。上部の残置スリング使いましたが。
上から振り返る。登攀グレードⅣ級、われながらよく登れたなぁ
画像


しばらくここでKさんからレクチャーを受け、Kさんが懸垂から再トライしたり時間をすごす。詰めは適当に堀山の家方向へ沢をはずれて急斜面を登ったがこれが失敗。踏み後も無いグズグズの急斜面を登ることになってしまった。
その後尾根にでて12時前に堀山の家へ着き、ここで小休止。

今日はこれで終了、では無い。これからナガレの沢を下降する。
堀山の家の裏から斜面を下降。大きく崩壊しているところもあり、沢に出るまでが一苦労だった。最後は懸垂で沢に下りる。簡単そうに見えるけどかなり急な坂です、私が立っているところも坂。
画像


この沢は登りでは遡行価値が低く、下りでよく使われるらしい。が、登りよりも降りの方が難易度が高いのは明らか。滝の高さは無いので落ちても大事には至らないだろうが、慎重に降りる。
画像


より厳しいところは懸垂で。
画像


水無川本流に出た、今日の遡行終了。初めての沢の下降もあり、今までで一番ロープ使ったりといろいろ経験できました。腕が痛い・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック