甲斐駒ケ岳 2011.06.18-19

あの山行から1年、そろそろ恋しくなってきたのとお礼参りを使命として甲斐駒ケ岳へ再び登ってきた。
ただし、今回は北沢峠からアプローチし仙水小屋で1泊プラン。昨年の黒戸尾根ルートと比べ軟弱感は否めないが、結構面白いというKさんのアドバイスに従いいざ出発。

北沢峠までは戸台の仙流荘からバスに乗ることになる。この時期はまだ芦安からのバスは運行していないため、伊那までクルマで行かなければならなかった。来週からは芦安からバスが出るらしい。
9時頃到着し準備を整え、10時5分発のバスに乗り込んだ。天気は曇り、楽しみにしていた鋸岳もガスで見えない。
画像


11時北沢峠到着。
画像

ここから仙水小屋間では40分。楽勝と高をくくってハイペースで歩いていたらすぐにバテてしまい、小屋につく頃にはふらふらになっていた。情けない・・・
画像

テントを張り終えると同時に雨が落ちてきたので、散策の予定も中止しビール飲んで昼寝。17時頃おきてビール飲んで夕飯を食べて19時就寝。
画像

1日目終了。。。

2日目
3時に起床し、朝食の塩ラーメンを食べる。荷物はテントにデポし水、行動食、雨具等最小限をサブザックにつめて4時に出発した。
あっという間に仙水峠、ここから駒津峰まで標高差にして500mを一気に登ることになる。体調は悪くない。
画像

あ、カメラのホワイトバランス設定をミスってしまってなんともクールな写真になっているが、実際はこんなに薄ら寒くはないです。

途中、一瞬だけ地蔵岳が見えた。
画像

空気も薄くなってきてぜーぜーはーはーいいながら駒津峰に到着。Kさん、高山病っぽい。
画像

先に進んで六方石。
画像

その先、直答コースへ。行くはずが、勢いあまって分岐の手前から岩場へ入ってしまった。踏み跡がないなーと周りを見てみると右手下にルート発見。強引に岩をわたってルートへ戻れた(汗)。

直登コースの様子
画像

画像

画像

画像


午前7時山頂に着いた。仙水小屋から3時間で到着。
画像

人は見当たらない、昨年に続いてこの日1番乗りのようだ。周囲はガスの中、雨でないだけましか。


まずは山頂の社におまいりして、東峰の駒ケ岳神社へ。子供が無事産まれ、元気に育ったことへのお礼参りをした。そして、これからの健勝をお願いしたのでまたお礼参りに来ることになった。
画像

それにしても雪の量が。。。昨年はこちら
画像


下山は一般ルートから下ることにする。途中分岐から摩利支天へ向かう。山頂には剣が突き刺さり、摩利支天の銅像、石造が祀られていた。
画像

画像

画像


お参りをしてルートへ戻る。

画像


どうにもKさんの体調がよろしくないようなので高度を下げるべく下山を急ぐ。
仙水峠から摩利支天が見えた。
画像


仙水小屋テン場でテントを撤収し、北沢峠まで一気に下山した。時刻は11時、次のバスまで2時間もあるが乗客がたくさんいそうなのでバス停で待ち。Kさんは食欲がないとのことで、私だけ長衛荘でラーメンを食べた。
値段は700円と良心的、チャーシューがおいしかった。

1時発のバスに乗り、仙流荘へ到着。結局Kさんの体調は仙流荘に戻るまで回復しなかった。

帰りは国道156号線で茅野まで行き、高速1000円最終日ということもあり大渋滞の中央道へ。大ボス小仏渋滞よりはるか手前の一宮御坂から早速渋滞し、電光掲示には高井戸3時間以上の表示。。これでは何時に帰れるかわからんということで大月から都留を通って道志みちを通って帰ってきた。

北沢峠からの甲斐駒も、今の時期なら人も少なく(今回登り中は人に出会わなかった)、コースも樹林帯あり、岩場ありで楽しかった。黒戸尾根からのルートは両側が切り立っていて怖いところもあるが、こちらはそれほど怖い箇所もなく安心。冬の下見もできてよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろりん太
2011年06月20日 18:24
こんばんは。
今年行ってみたい山の一つだったので、参考にさせて頂きます
2011年06月20日 18:51
>ひろりん太さん
大いにお勧めしたいです
隣の仙丈ケ岳とともに眺めても、登っても、周りの展望もすばらしい山だと思います。
あ、仙丈は登ったことないですけど(汗)

この記事へのトラックバック