丹沢(宮ヶ瀬~境界尾根~本間の頭) 2011.03.05

Kさんと宮ヶ瀬から境界尾根を辿って本間の頭まで登ってきました。ちなみにKさん寝坊のため30分遅刻・・・
本コースはガイドマップで実践でも破線でもないバリエーションルートです。

水色でなぞったラインです。
画像


宮ヶ瀬湖に車を停めて、早戸川林道を金沢橋まで歩く。
ゲートが閉まっていたが、林道にはカメラを持った人が結構いた。
画像


金沢橋に着到着。
画像


この橋を渡ったところが尾根の取り付き点。よく見るとちょっとしたふみ跡がある。わかるかな?山道に入っていくと、林道を歩いていた人が不振そうに自分たちを見ていた。まぁ、無理もないね。。。
画像


登り始めは笹薮。軽く藪漕ぎしながら登る。
画像


急な坂を上りきると尾根上に出た。ここから尾根歩きスタート。
画像


532m地点の鉄塔。ここまでは林業の人が入っていて踏み跡があったが、ここから先は踏み跡がない。
ちなみに、花粉をたっぷり蓄えた杉を切っていたため、周囲にはスギ花粉が立ち込めていた。薬は飲んできていたが喉がかゆくて仕方ない。先にに歩いていたKさんが足を下ろすたびに花粉が舞い上がり、後ろを歩いていた私を直撃するため歩く順番を変わってもらった。
画像


鹿柵を脚立で越える。
画像


急な坂が続く。きついきつい。
画像


またまた鹿柵。この後数回鹿柵を越える。
画像


700mを超えるとちらほらと雪が出てきた。いい景色だ。
画像


雪でも急登・・・
画像


そのうち一面雪になった、動物の踏み跡以外はない。尾根をはずさないように注意して歩く。
画像


5万分の1の地図ではわからないけど、かなり急な尾根だ。一般ルートなっていないのも納得。
画像


延々雪の急登を登っていくと、看板が。行き止まりか?
画像


見たのは裏だったのね。われわれが登ってきたルートは立ち入れないようになっていたということ。
画像


本間の頭の直下はクラストした急斜面で、キックステップも利かない。でももう少しでピークなのでアイゼンはつけず微妙なトラクションをかけて登っていく。
画像


本間の頭到着。標高差1000mを3時間。今回は体調もよかったのと、ほとんど直登だったから雪があったのにかなり早かった。
画像


昼食をとり下山。下りもよく踏まれている。念のため軽アイゼンをつけて下った。
画像


途中から見た大山。
画像


無事下山、お疲れ様でした。
画像


スギ花粉、準備万端でスタンバっていた。恐ろしや・・・
画像


このコース、かなり面白かったです。破線ルートとかバリエーションルートは一般ルートにはない楽しさがあって、これはハマるかも。Kさんも大満足でした。


↓今回歩いたルートはこの本に載っています。先日歩いた源次郎尾根もこの本に載っています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年03月08日 08:38
こんにちは
翌日境界尾根(栂立尾根)を下りました。
踏み跡が二人分あるなと思ったのですが、犯人?が解るとうれしいですね(^^♪
私は丹沢中心に歩いてますが、どこかでお会いできるのを楽しみにしてます。
2011年03月08日 22:15
>ardbegさん
コメントありがとうございます。
ブログ読ませていただきましたが、足跡の犯人はまさしく私たちですね! まさか見つかるとは夢にも思いませんでした(笑
いずれどこかでお会いできそうです、そんな気がします

この記事へのトラックバック