丹沢 源次郎尾根 2010.12.11

源次郎沢ではありません!源次郎沢の右側にのびる源次郎尾根を歩いてきました。

山と高原地図をみると破線どころか線自体がありません。5万分の1の地図でみると尾根だということがわかりますが、どころか踏み跡すらあるかわからない、バリエーションルートです。

大倉山の家の駐車場に車を止めて、ここからまずは戸沢林道を歩く。新茅山荘を経由し1時間30分ほど歩くと戸沢に着いた。ここから源次郎沢への入渓地点を通り、書策新道へ。
画像

取り付き点わからず・・・「今歩いているのが源次郎尾根の末端だよね」とKさんと一緒に地図を確認し、ちょっとずつ先へ進む。と、道が右へそれていくところで左の尾根にあがれるところがあった。

ここから源次郎尾根の登りが始まる。わずかに踏み跡があったためそれを見逃さないようにたどっていく。
最初からかなりの急登。
画像


普通の道ではありえないくらい急だけど、その分ぐんぐんと高度を稼いでいく。今日は天気もいいし、12月とは思えないくらいの温かさ。汗が流れ出る。

ますます道が不明瞭になり、ますます急になる。
画像


1時間ほどがんばると、こんなところに出た。
画像


う~ん、いい景色だ。
相模湾、伊豆半島。
画像


表尾根とその奥には大山。
画像


さあ、もう一息だ。
途中斜面が崩壊して登りにくいところがあったが、注意して通過した。
画像


で、登りはじめから1時間30分で大倉尾根と合流した。今日の目的は源次郎尾根だったのでこれで目標は達成、塔ノ岳山頂へは行かず、花立山荘で昼食を食べて大倉尾根を下山した。
大倉尾根のくだりは階段続きで最後は飽きてきたが1時30分頃駐車場へ到着した。

地図読みをしながら一般ルートではないところを歩くのも楽しい。

あ、富士山は下のほうまで雪化粧でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック