小川谷廊下 2010.06.05

丹沢屈指の人気の沢、小川谷廊下に行ってきました。

人気もさることながらその水量も非常に多くとても楽しい沢との事。難易度は中級となっていますが、私の持っているガイド本では初級の卒業検定レベルらしい。過去2回の遡行しか行っていない私にとっては少々ハードルが高い木がするけど、Kさんのフォローがあれば何とかいけるか・・・

西丹沢県民の森付近の駐車場に車をとめ8時30分頃出発。道路から沢に降りるといったんその沢を下る。堰堤を梯子を使って下り、8時50分頃に出会いに到着しました。ここで準備を整えて出発。
画像

早速F1が見えてきた。さらにおくにはチョックストーンのF2が見える。
画像

どうやって越えたか覚えていないが(理由は後述)、さほど苦労することなくクリア。いいテンポで進んでいく。
画像

画像

画像

それにしても水量がすごい。水流に足をとられたらどんだけ流されるんだろうと思いつつ、滝の爆音にビビる。

この小川谷、自分にはちょっと速かったのではないかと思いつつもすでにいくつかの滝をクリアしてしまったので、あとは先に進むことしか選択肢は無い。目の前の滝をクリアしていくしかないということだ。

木を伝って滝を越える。私は蟹歩きでクリアできた。
画像


ビビリながらもクリアしていく、今までの経験が生きているようだ。
画像

画像


フリクションを探りながらの登攀が続く。
画像



名物の大岩。評判どおりのでかさ&ヌルヌル。残置ロープにスリングを足して登った。
画像

画像


ここからがいよいよ小川谷の核心部、ゴルジュ帯に入る。入ったら最後、後退も容易に出来ず先に進むしかない。
画像


と、ここで遡行者に出会った。私たちに追いつきあっさりと追い越していった。が、この滝では苦戦していた様子。Kさんも苦戦したがクリア。私はロープ確保してもらってスリング&ロープを使ってやっと越えることが出来た。ここが最大の難関と感じた。
画像


美しい滝が続く。
画像

画像

画像


あ、そうそう。もう1箇所難関があった。滝を直登出来ずに巻いた道が酷かった。ビレイをとってもらって登ったにもかかわらず怖いところだった。ホールドが少ない上にルート上は藪、ここは嫌なところだった。そんなルートでも果敢にリードしていくKさんはさすが。
画像


その後も美しいゴルジュが連続する。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


最後の滝をクリアし、ゴーロにでると下りは荒れた登山道を下る。崩壊鷹所はボロボロの残置ロープを伝っていく・・・・怖い。
画像


途中道を見失い、実際のルートから尾根2つ分外れてしまった。が、力技でアップダウンを繰り返して隣の尾根に移り、登り返してルートに復帰、無事に帰還できた。

帰りの車中は、私もKさんも目がしょぼしょぼ、何でかな~と思っていたらどうやら予想以上に疲れていたようだ。特に精神的に。

丹沢屈指の人気の小川谷は私にとってはちょっと怖い沢と言う感想だったた.水量にビビってしまい、怖さ70%、楽しさ30%というのが実感。
。もうちょっと天気が良くて日がさして、シャワークライムを楽しみながら時にはドボーンと釜に落ちたりしながら遡行できたらまた印象が違ったのかもしれない。でもまぁ、今回はこれくらいでよかったのかな?またリベンジする理由も出来たし。

ところで、初級クラスは無事卒業できたのだろうか・・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック