鷹取山 2010.05.01

新たなフィールドへ足を踏み込みます!

「アルパインクライミング」を目指して

クライマーのKさん指導のもと鷹取山でロープワークの練習です。

追浜駅で待ち合わせをし、住宅地を抜けて鷹取山を目指します。

DSC00312

閑静な住宅街を歩く。

DSC00313

山というか公園、ですね。

DSC00314

新田次郎の『銀嶺の人』の描写のとおり、至る所に切り出された岩がありました。そしてその岩には例外なくぼこぼこと穴が。これ、全てハーケンやボルトを打ち込んだ後らしい。すんご数だ。

DSC00315

DSC00318

そして本日の練習場に到着。高さ5mほどの岩、ここで懸垂下降の練習です。

DSC00316

まずは使用する道具の役割とその使い方の説明から。支点の取り方とか、ロープの結び方とか、道具の利点、弱点を実演して見せてくれました。

DSC00317

セルフビレイの説明を聞く。

DSC00319

一通り教えてもらったところで「じゃあ、やってみようか」ってことで岩の上へ移動。

木を支点としてロープを下ろし、まずKさんが懸垂下降の実演。

そしていよいよ私の番。最初は怖かったので制動の強いATCでやりました。

最初は怖かったけど、いざやってみると全然大丈夫でした。ちょっと制動が強すぎてスムーズにロープを繰り出せなかったけど、最初にしてはまあうまくできたと思います。

スリングを回収して、懸垂下降するKさん。

DSC00320

昼食後の2本目はエイト環を使っての懸垂下降です。

再度岩を登るついでにビレイを教えてもらいました。リードのスピードに合わせてロープを繰り出すのにちょっと慣れが必要な感じでした。

エイト環での懸垂下降は、制動はATC程強くないですけどかえってやりやすかったです。

そして本日最後はこちらの壁での懸垂下降です。

DSC00321

いざ上に登ると怖かったですが、やり始めたら問題なくクリアできました。

帰りは鷹取山の他のゲレンデ巡り。

DSC00322

DSC00324

DSC00323

少ないけど、岩に登ってる人もちらほらいました。あとは近所のひとが犬の散歩してたりとか、意外にほのぼのしていて不思議な空間だったなぁ。

ロープワークを覚えるとフィールドが格段に広くなりますね。ほんのちょっとの練習でしたがとても有意義でした。(帰ったらロープ結びの復習しなきゃ)

今夏、まずは沢登りに挑戦です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック