甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根2回目 2010.03.27

前回の悔しすぎる敗退から2週間、雪のあるうちに再度黒戸尾根に挑戦です。

今回はクライマーのKさんとの月例登山でもあります。

前回と同じく駒ヶ岳神社に車を停めて8時20分頃出発しました。前回とほぼ同じ出発時間です。数日前に完成したばかりの吊り橋を渡った所の登山道は雪道どころか日陰にも残雪は皆無・・・せっかくアイゼン持ってきたのに・・・

DSC00273

それでも気をとりなおして登りはじめます。今回の目標地点はまずは笹の平の分岐地点、

そして行けたら標高1900m地点、刃渡りを目指します。

前回のラッセルとはうってかわり、乾いた登山道を順調に登って行きます。

そしてあっという間に前回のギブアップ地点(1300m)に到着。前回は3時間もかかったのに今回は1時間40分(CT2時間30分)で通過。

DSC00274

余力も十分で先へ急ぎます。

それから20分で最初の目標、笹野平。傾斜が急になり、足下がちらほらと白くなってきました。更に登っていくと程なく白い世界に。足下も雪と氷に覆われてつぼ足では進みづらくなってきたので、ここでアイゼン装着です。

DSC00277

Kさん「雪少ないし、スパッツはいらないよ。足幅広げて引っかけないようにね。」

とアドバイス通り、気をつけて歩きます。

アイゼン装着すると凍ってつるつるの斜面でもガシガシ登っていけます。4本爪の軽アイゼンしか装着したことが無かったのでこの安心感にはびっくりでした。でも調子にのって歩いていると爪がブレーキになって前のめりになったり、歩幅に気をつけてないとズボンに引っかけそうになったりと、慣れるまでは注意を怠らないようにしないといけません。

漸く冬景色

DSC00278 

急な坂を登ること2時間、視界が開ける。ようやく刃渡りに到着です!

Webでは実際はあまり怖くなかったという感想が多いようですが、雪が乗っているとかなり怖いです。さらに、このクサリの支柱がない後半部はかなり慎重に歩きました。

DSC00279

刃渡りより、八ヶ岳が見える。

DSC00280

ようやく刃渡りを越えて一息付けるかと思ったら今度は梯子。足下は氷の上に右側が切れ落ちている。Kさんに先行してもらい、私はその後をついて行きます。

DSC00281 

刀利天狗直下、怖い怖い・・・

DSC00282

そしてようやく刀利天狗に到着。刃渡りからここまで45分もかかりました(汗

DSC00283

ここで昼食をとり下山開始。

下りも怖い、慎重に・・・

DSC00284

刃渡りからみた地蔵岳

DSC00285

木の枝は氷のコーティング

DSC00286

下りではアイゼンのブレーキがかなりきくため気を抜くと躓いたようになる。さらに慎重に歩きます。こんなに登ってきたっけ?っていうくらいの急で長~い下りで、いい加減バテてきたところで笹の平に到着。ここでアイゼンを外すと足が軽い軽い!

普段のペースを取り戻し軽快に歩き出します。でも、ここからも長かった。。。登山口に付いたのは下山開始から3時間後。

沢でアイゼンを洗ってピッカピカ。

Before

DSC00287

After

DSC00288 

帰りに駒ヶ岳神社に寄って「また来ますと」お詣りしました。次の目標は山頂かな、雪はもうないでしょう。

Kさんにも「また来ますって、お詣りどうですか?」と促すと、「俺は当分いいよ」とのこと(笑

帰り道は中央道で多少渋滞し、八王子で凄い渋滞し、途中夕飯食べたりで、帰宅したのは22時ちょっと前でした。

いやー、今回の山行は疲れました。疲れたけど目標達成できたので良かったです。

それと道中Kさんからピッケルを借りたんですが、使ってみて欲しくなりました。いろいろとアドバイスをもらったので来シーズンには調達しようかな。

黒戸尾根、登りもきついけど下りもきつかったです、精神的に・・・でも山頂踏んで往復するのを目標にまだまだ挑戦は続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック