甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根1回目 2010.03.11

ここ最近、週末になると天気が悪くて閉塞感は募るばかり。

どうにも我慢できなくて休暇をとって山へ行ってきました。

 

目指したのは夜叉神峠、雪をまとった雄大な北岳を見たいと思い車を走らせました。しかし、、道の途中から雪の塊が道に現れだし、路面はつるつるで「峠までたどり着けるかなぁ」と不安になっていたところ道は通行止めになっていました。内心ほっとして次の目的地を探しました。隣の櫛形山は山頂まで時間がかかるし道路も同じように通れないかも。ということで思いついたのが日向山、さほど時間をかけず到着できて、歩く時間も短いのでいいかと思い、白州市へ。

しかし、日向山への道は除雪されていなくて通行できず、除雪されている方へと曲がっていくと駒ヶ岳神社に到着したのでした。そんなこんなで今日は甲斐駒ヶ岳、あの黒戸尾根に挑戦です。。。

 

駐車場に車を停め、準備をして出発するとそこで土木作業をしていた方が「この先、仮設の橋になってるんでできれば迂回してもらいたいんですけど・・・」とのこと。私は「とりあえず行ってみて無理だったら引き返します」と答えると「それならそこまで案内しますよ」といってくれ橋まで同行してもらうことに。

駒ヶ岳神社の脇を沢に向かって歩いていくと仮設の橋がありました。雪が積もっていましたが難なくわたりきり、同行してくれた作業員の方にお礼を言って出発です。

 

さすが黒戸尾根、最初から急な坂。トレースも無く、ツボ足で登っていきます。

DSC00266

2日前に降った雪のせいと思われますが、樹林帯にも結構積もっていました。歩き始めて30分程で早くも息が上がってしまいます。。。まぁ今回は出発も遅かったので、最初の分岐点である笹ノ平まで行ければいいかなと思っていたので、地図のコースタイムで2時間半、このときはまだ楽観していたのでした。

ところが行けども行けども坂は続き、足下はずーっとツボ足歩行。

DSC00264

バスッ、バスッ、バスッ、バスッ

 

と雪を踏み抜きながらの登りは夏山の倍以上に疲れます。

ようやく地蔵だけが見える場所まで来た。

DSC00263

そのうち10歩歩いては立ち止まる様な状態になり、最後は1300m地点でタイムアップ敗退です。

悔しいながらも、のんびりと昼食。

DSC00265

下りは、自分のトレースを頼りに歩きます。登っているときは気付かなかったけれど、改めてみると結構深く踏みぬいています。

DSC00267

登りではジグザグに歩いたところも下りでは1直線に下れます。あれほど苦労した道とは思えない、1時間足らずで下山しました。

駒ヶ岳神社、今日の無事と、ほか沢山のことをお願いしてきました。

DSC00268

駐車場に戻ると、作業員の方が「無事で良かったです」と迎えてくれました。なんでも2人組パーティから私が沢の雪崩の方に向かったと聞いたらしく、とても心配していたとのことでした。いやいやいや・・・沢に行ってないですし、途中誰にも会ってないですし・・・(汗

ともあれ、無事な姿を見せられて安心してもらったので良かったかな。。。

 

定めた目標を達成できずに敗退したのは今回が初めてでした。帰ってきてから悔しさが募ったような感じです。タイトルに1回目と付けたのは今後も挑戦し続けることになりそうな感じがしたからであります。

 

残雪があるうちに、次は笹ノ平をクリアしたいと思います!

そして、当面夏場制覇を目標にしたいと思います!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック