常念岳・蝶ヶ岳 2009.10.11-12

10月のメインイベントは常念岳・蝶ヶ岳縦走です。
当初は北八ヶ岳辺りでゆる登山の予定でしたが、注文していたブツが予想外に早く到着したこともあり、今月もガッツリマジ登山と相成りました。しかも、常念岳へは一般的な一の沢からではなく、延々急登が続き距離も長い三ツ股から登ることに。


三股駐車場に到着したときにはすでに駐車場は一杯で、仕方ないので路駐です。幸先わるし・・・
まずは常念岳を目指しますが、最初から急な坂が。樹林の中を3時間ほど歩くと前常念岳の取り付きに出ます。ここからは岩場の急登を直登です。延々と急な坂が続きました。
画像


おや



画像

そう、ニューザックです前日届いたばかりのグレゴリー トリコニ60L。今回はザックも重くてさらに大変でした。

前常念岳を越えると常念岳の山頂直下の分岐まではすぐです。分岐に到着すると、目の前には槍ヶ岳が姿を現しました。大キレットを経て穂高連峰まで素晴らしい景色が広がります。
画像


常念岳への登頂は明日のお楽しみとして、今日は常念乗越にある常念小屋まで下ります。せっかく登ったのに・・・
1時間程で常念乗越に到着。

そして、、、今日はテント泊ですこれも前日届いたばかり。
画像


前日、自宅の中であらかじめ組み立ててみたためすんなりと設営完了し荷物を入れたら小屋へ向かいます。

そして至福のひととき。槍を眺めながら乾杯
画像

天気が良くてよかったです。翌日も晴れの予報、楽しい尾根歩きになりそう


飲み終わったらテントに戻って夕食の準備です。本日の夕食は、先日の南アルプスで好評だったグリーンカレーです。やっぱり美味しかった
夕食を食べ終わったらシュラフに入り、18時過ぎには寝てしまいました。
画像


翌日は午前4時に起床、朝食を取りテントをかたづけて6時前に出発しました。昨日下ってきた道を上り返します。1時間20分ほどで常念岳山頂につきました。山頂からの眺めは槍・穂高はもちろん、きたは剣岳から後立山連峰、南は富士山、南アルプスが一望できました。先日登頂した赤石岳もくっきりです。
画像


常念岳をあとにし、アップダウンを繰り返しながら蝶ヶ岳へ向かいます。右手には常に槍・穂高が見えていて最高の景色でした。蝶槍を越えるとあとはなだらかな稜線歩きです。
画像

蝶ヶ岳登頂後、蝶ヶ岳ヒュッテで昼食を取り本日中に下山です。
下山途中から、常念岳を振り返る。右が前常念岳。
画像


このコース、ガイド本だと2泊3日で紹介されていることが多いですが、今回は1泊2日の行程としました。ちょっときついかもと思っていましたが、結果凄くきつかったです。なにせ荷物がいつもより重くて、とくに最後の下りで足の負担が半端じゃなかったです。へとへとになりながらも何とか三股に到着することができました。

帰りは上信越から関越経由で帰宅予定でしたが大渋滞が発生。結局、吉井ICから下道におりて帰宅しましたが高速の渋滞所要時間より早く帰宅できました。

常念岳・蝶ヶ岳は何というか、その山そのものはあまり登っている実感が無いというか、槍・穂高の眺めが凄すぎてそちらにばかり目がいってしまう山でした。白峰三山を眺める為の鳳凰三山のように名脇役的な山でした。
それにしても、いきなりのデカザックでのテント泊でしたが楽しかったです。宿泊料金も安くすませられるのでこれから機会も増えると思われ、まずは普通に歩ききれるだけの体力を付けないといけませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Cozy
2009年10月22日 20:42
相変わらずのストイック登山、お疲れ様でした。
テン泊いいなぁ~。憧れます。
来年はボクらも、と思っているんですけど中々・・・ネ。

それと個人輸入、ものすご~く興味あります。ちょっと個人的に教えてもらおうかなぁ~。ヨロシクです。
2009年10月23日 21:59
>Cozyさん
いやー、きついきつい言いながら歩くのがまた楽しいんですよね。でもテント担ぐのは本当にしんどかったです
海外通販は円高の今がチャンスですよね!近いうちに会合しましょうか

この記事へのトラックバック