朝日連峰 2009.8.16-17 1日目

2009年8月の登山メインイベントは山形県の朝日連峰縦走です。
今回は古寺鉱泉から登り、小朝日岳、大朝日岳、中岳、西朝日岳、竜門山、ユーフン山、清太岩山、そして日暮沢に下りるルートです。日程が1泊2日のため大縦走とは行きませんが朝日連峰中央部の主要な山を巡ります。

実は私、過去に2度朝日連峰に登っています。
遡ること二十数年前、小学校4年生の時に朝日鉱泉から鳥原山、小朝日岳を通り登頂、下りは今回と同じく日暮沢に下りるルートを下山しました。2回目は小学校6年生の時、今回と同じルートで古寺鉱泉から日暮れ沢への縦走ルートです。
今回、このルートにしたのは昔の自分が歩いたルートをトレースしてみたいというのも理由です。嫁さんは初めてだったので比較的楽なこのルートにしたというのも理由です。
画像

朝5時30分、実家の車で送迎してもらって古寺鉱泉登山口に着きました。早速準備をして出発。登山道を進むとすぐに古寺鉱泉が見えてきます。昔と変わらないたたずまいでした。


画像
古寺鉱泉を過ぎたところから登りが始まります。うっそうとした樹木の中をひたすら登ります。早朝といえども風も無く厚い・・・汗を搾られます。さらに凍らせてきた水がなかなか溶けず水が飲めない
そんな中最初の水場である一服清水に到着。朝日連峰は水の山、いたるところに水場があり、美味しい水が手に入ります。早速一杯、うまーい

生き返ったところでもう一分張りで古寺山山頂。左は小朝日岳、右は大朝日岳。
画像


ここまでくるとようやく朝日連峰の素晴らしい景色が開けます。
画像

一番左が大朝日岳。

山頂で一服後は小朝日岳への登り、このあたりから勾配がきつくなります。昔登ったときもこのあたりがきつかったことを思い出しながら一歩一歩登っていく。日を遮るものがないので更に暑い 夏の草と土の匂いを吸い込みながら頑張って登ります。
午前9時、ようやく小朝日岳山頂に到着。
画像


いやー絶景かな 懐かしい景色が目の前に広がります。

小朝日岳からの下りはかなりの急坂です(せっかく登ったのに・・・)。慎重に下り熊越に出るとここからは登り返し、朝日はこの上り下りの繰り返しがあるので実際の標高以上に時間もかかるし体力も必要です。でもこの景色を見ているとそんな辛さも吹っ飛びますけどね。

画像凍らせた水がなかなか溶けない水不足でしたが何とかたどり着きましたよ、銀玉水
ヤマケイ2009年5月号の美味しい水特集でも取り上げられていますが、この銀玉水は私が選ぶ日本一美味しい水です。飲んでみると味も昔のまま、雑味が無くすっきりした味わいです。あー生き返る。
そして30秒も手をつけていられないほど冷たさ。早速持参の缶ビールを冷やす。

本日宿泊する大朝日小屋は非難小屋で食事は自炊のためここで水を補給していきました。通常は小屋から15分ほどの金玉水まで組に行くのですが、せっかくなので日本一の水を
水を補給し重くなったザックを担いで小屋までの最後の登りに挑みます。さすがに重い・・・

登りきると小屋に着きます。午前11時、まだ小屋に入るには早いのでそのまま山頂を目指しました。小屋から山頂までは15分程度、心の中で山に「ただいま、また来たよ」と話しかけながら登る。
画像


そして山頂へ到着。
画像


画像
銀玉水で冷やしたビールで乾杯をし昼食を取りました。山頂からの景色は360度。 遠く南方には飯豊連峰、北側には月山。でも主役はやっぱり朝日連峰です。南北へと延びる稜線はこの山ならではの景色です。いつかは南北大縦走をしてみたくなります。

山頂でのんびりしたあとは大朝日小屋まで下ります、早速中に入るとまたまた1番のりでした(笑 隅っこに陣取ってしばしのんびり。そのうちに到着する人も増えて、小屋の中もそれなりに混雑してきた。この日の宿泊客は30人くらい、十分なスペースがありました。そのあと金玉水まで散歩したりして時間をつぶし、4時過ぎには夕飯の準備です。この日はアルファ米でカレーとわかめご飯、炭水化物でひたすらカロリー摂取。カレーには持参のウィンナーもそえてジャーマンカレーに、うまかった

食後には外へ出て日没を眺めました。
画像


8時就寝で1日目終了。

その他の写真はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Cozy
2009年08月23日 22:34
いやぁ~、それにしても良い天気で素晴らしい景色ですネ。これは憧れてしまいます。
14日に鳥海登った際は、出だしは雨だったものの、どうにか途中から晴れてくれましたが、雲が多くて遠くの山までは見通せませんでした。何処が日本海?ってな感じだったし。
ところでビールは途中の銀玉水で冷す予定での持参だったのですか?
2009年08月24日 20:58
>Cozyさん
私も朝日に登ってこんなに晴れたのは初めてでした。昔のイメージはなかなか晴れない山でしたし、最初に登ったときは台風だったんです(笑
ビールはもちろん銀玉水で冷やすつもりで持参しました あっという間に冷えましたよ

この記事へのトラックバック