南八ヶ岳主稜縦走 2009.07.05-06 2日目

2日目、朝4時に起床。外は真っ白けー
でも風はあまり吹いてないみたいなんで何とかなりそうです。先を目指すことにしました。

この天候では昼食時もストーブなんて使えないかも知れない、そう思ってあらかじめ小屋でサンドイッチを作っておきます。生ハムとチーズをフランスパンに挟んでできあがり♪

しっかり朝食を食べてレインウェアを着用しスパッツも装着、ザックにはザックカバー、完全防備で6時15分に出発です。天候が悪いのでカメラは携帯のカメラが頼り。防水携帯でよかった~
外に出ると雨は降っていません。むしろ絶えずガスが吹き抜けその粒が当たります。小屋を出ると早速登り道、そして稜線に出ると思っていたよりも風が強いようです。風に吹かれながらも台座の頭は難なく超えました。体調もいいみたいです。
画像



ここからが今日のコースの核心部、横岳の岩稜帯に入ります。
ガスがかかって凄みを増す景色、こんな所どうやって通ってくの~ そして不安は倍増・・・
画像


そして最初の難所のナイフリッジ、突風に煽られないように超えました。
画像


それから西側をトラバースし、横岳奥の院に到着!ちょっとほっとする。
画像


それもつかの間、まだまだ岩峰のアップダウンが続きます。でもだんだん道にも慣れてきて、最初の強風も弱まってきたので気持ちには若干の余裕も生まれました。

三叉峰と地蔵の頭の間あたりで、昨日赤岳鉱泉で出会った若者ペアに再開しました。「昨日はどうも」と声をかけると向こうも覚えててくれたようで、ちょっと立ち話 彼らは昨日のうち赤岳に登って、今日は硫黄岳を廻って下山するらしい。「なかなかのスリルですよ(笑」と冗談をいいつつ別れました。
画像


地蔵の頭到着、ここから赤岳に登り返しです。晴れていたら目の前にそびえているんでしょうね。ここからはまだ影も見えません。まずは赤岳展望荘を目指します。
画像


赤岳展望荘を超えるとあとは最後の急登。手をつくような急坂を登るんですが、さすがに標高が高いので空気が薄く息が続きません。登っては深呼吸を繰り返し、それでも着実に高度を稼いで行きました。20分ほど登ると


着きましたー、山頂小屋 南峰も目と鼻の先です。
画像



そして


赤岳山頂
画像


念願がかないました。強風と雨が振ってましたが、赤岳山頂を独占出来ました いやー、最高!嬉しすぎます。と、感動に浸るのもつかの間、早速下山にかかりました。まずは文三郎道分岐を目指し、急なクサリ場を下山。
画像


文三郎道分岐からは中岳方面へ。今回の縦走で最後のピークです。
だいぶ疲れてきてましたが、それでもあっけなく中岳を越え、中岳のコルから行者小屋を目指して下山しました。阿弥陀岳も上りたかったのですが、バスの時間の都合で次回に残しておきます。

行者小屋に到着しました。
画像

ものすごくにぎわっているイメージしかなかったので、閑散としているのがちょっと意外でした。まぁ、今日は平日ですし、この天気なんでこんなものなのかもしれませんね。小屋のテラスを借りて昼食です。朝作ったサンドイッチと、ラーメンを頼みました。じっとしていると寒いくらいだったのであったかいラーメンがうまかった


ここからは南沢を下って美濃戸へ向かうのですが、いやー今回の登山で一番大変だったのがこの沢の下山でした。歩いても歩いても似たような景色で、緩やかに下っているものの高度を下げてる感があまり無いです。しかもこの道を美濃戸まで1時間40分くらいかかります。美濃戸に着いたときにはもう麓についた気に・・・でもここからさらに車道を40分かけて美濃戸口まで歩くんですよね~

美濃戸口につく頃には土砂降りでした。
バスの出発まで1時間以上あったので美濃戸口の八ヶ岳山荘で風呂に入り、あがってとりあえず一杯。
画像


帰りは特急あずさを使ってびゅーんと帰ってきました。

---総括---
今回の山行は今年の目標の一つでもあったので達成できてとても嬉しいです。3000m近い標高は私にとって未知の領域で、そのうえ横岳の気を抜けない岩稜帯は刺激と楽しさを与えてくれました。当日の天候もあるのでしょうけど見聞きするのと体験するのとでは面白さ、危険さ、景色すべてが新鮮。

毎回雨空では閉口すると思いますけど、今回に限っては雨空もとても素晴らしい山の一面を見せてくれたように思います。回りの山々の景色にも目がいかず結果、足元の道を見つめながらの登山は八ヶ岳との会話の機会を増やしてくれましたし、人の少ない山の雰囲気は私たちだけに顔を向けてくれたようでした。
そして、稜線では強風が吹くなか、高山の花はけなげに、しかし力強く大地に根を下ろし咲いている。鳥は風に流されながらも餌を求めて飛び回る。

「自然の中の生き物は逞しいな」と思いました。


最後に、翌日からの仕事に備えて地元の焼肉店でエネルギー補充しました
画像



その他の写真はこちら
2日目は携帯のカメラでしかもレンズも濡れていたためあまり画像がよくありませんが、悪天のその雰囲気が伝わればといいなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Cozy
2009年07月13日 23:58
赤岳登頂、おめでとうございます!
いいなぁ~。天気はね、これはショウガナイっすよね。事故がなかった分良しとしなければならないことってこれからもたくさんあるでしょうし。それなりを堪能できたってことで。
ボクらは県界尾根から山頂回って真教寺尾根を伝って降りて来ようと思ってます。あとは時期をいつにするか、だなぁ~。
焼肉、美味そうっすね。ご一緒させて下さいナ
2009年07月14日 08:56
ありがとうございます
天気が悪いおかげでハードルあがりましたしね(笑 それにしてもとても楽しかったですよ 多くの人が魅せられるのもわかった気がしますし、次はまた違うルートで登りたいです。

クラシックルート、最後がかなりきついみたいですが、頑張ってくださいね 焼肉&
で八ヶ岳話でもしましょう

この記事へのトラックバック