南八ヶ岳主稜縦走 2009.07.05-06 1日目

遂に遂に行ってまいりました 2009年7月のメインイベントは八ヶ岳です
先週のことですが、念願の南八ヶ岳主稜縦走をしてきました

7月5日(日曜日)、朝4時に自宅を出発し電車を乗り継いで茅野駅を目指します。JR武蔵野線、中央線、中央本線で各駅停車を計5回乗り継ぎです!

前日はなるべく早く寝たつもりなんですが、午前3時頃に起床するとちょっと寝不足気味で若干の頭痛が・・・(汗 あの編笠山の苦しみを思い出しました。今回はちょっと苦戦するかなと思いつつ駅へ向かい、電車に乗るのでした。
武蔵野線から中央線に乗り換え、八王子から大月行きの各停に乗ったところでしばしの睡眠を取りました。その後大月から甲府の間でも睡眠を取った結果は・・・なんて単純な体なんだ!?頭痛解消!!
茅野駅に着いたときには頭も冴えて戦闘意欲満々です

茅野駅にて、バスの出発待ち。乗客は我々夫婦の他に2名だけ。
画像


バスに揺られること1時間、美濃戸口に到着しました。
早速ザックを背負い出発し、美濃戸を目指します。道は荒れた車道で、所々砂利道で道が割れていました。うちの車は車高が低いのでここを通るのはちょっと無理っぽいですね・・・。
画像


ウォーミングアップも兼ねてゆっくり歩いて50分程で美濃戸に到着、ちょうどコースタイム通り。

美濃戸からは北沢を通り赤岳鉱泉を目指します。またしばらくは車道です。その後、堰を超えるとようやく登山道らしい道になり、黙々と歩いていると赤岳鉱泉に到着しました。ここで本日の昼食。
画像



昼食を終えると、ここから硫黄岳までが本格的な登りになります。登り口で若い男女2人に会いまして、「どちらへ向かうんですか?」と伺うと赤岳展望荘へ向かうそうな。私たちは硫黄岳を経由して硫黄岳山荘泊まりなので翌日また赤岳当たりで会うかも知れないね、なんて思いながら「お気をつけて~」ということで登頂開始です。
赤岳鉱泉ですでに2000mを超えていますが、今朝の電車内での睡眠が功を奏したのか頭痛も無し これは行けそう!
登りはじめると結構急な坂が続きます、空気が薄くすぐに息があがりますが我慢して登り続けました。30分程も登るとようやく高度感が出てきました。赤岳鉱泉が下方に望め、上を見上げると瓦礫を露出した稜線が見えます。まだまだあるな~なんて思いつつ、ガスが稜線に向かって登っていくのを横目に徐々に高度を稼ぎ、1時間20分ほどで赤磐の頭、稜線上に出ました。
画像


稜線に出るとそこはガスがかかって視界があまり効かない所です。それでも森林限界を超えた遮る物がない稜線は気持ちがいいですね。本日最もきつい箇所はクリアしたと思っていましたが、実はここから硫黄岳山頂までが更にきつかったです。何せ初めての2600mオーバーの領域で、空気が薄くて常に息切れ状態。ちょっと登っただけで苦しいのです。
それでも「あぁ~、八ヶ岳に来たんだな~」という感動というか実感の方が強くて、苦しさも嬉しいような?不思議な感じで。

硫黄岳山頂はなだらかで広い所です。石室?(人一人がやっと入れるような小さな建物)があり、東側には爆裂火口!こんなに吹き飛ばしてしまったのか!?ってくらい山がえぐられていました。ちょうどケーキを1/6くらい切り分けたような感じでしょうか。爆裂火口の向こう側、遠くには清里方面でしょうか、麓の町並みが確認できます。
画像


硫黄岳山頂からはガスが濃くなってきて視界が悪かったですが、所々ケルンが積んであったおかげで迷うことなく歩くことができました。
そして硫黄岳山草周辺には、コマクサをはじめ、
画像


ウルップソウも咲いていました。ウルップソウは白馬岳とここ八ヶ岳にしか生息していないそうです。貴重な高山植物をこんなに近くで見ることができるなんて
画像


他にも、ヤツガタケキスミレ等、稀少な高山植物を見ることができてよかったです


そして14時半頃に本日の宿、硫黄岳山草に到着しました。建物は大分年期が入っていていかにも山小屋って感じの建物ですが、手入れが行き届いていて中は綺麗でした。トイレに関してはスキー場の宿?って感じの綺麗さ。最近建てたのでしょうが、水洗の上にウォッシュレット!
画像


さらに新鮮な水を沢からくみ上げており、わざわざ赤岳鉱泉からくみ上げてきた甲斐がありませんでした まぁ、いつものトレーニングの一環だと割り切れば問題ないんですけどね(笑

スタッフも親切でいい小屋でした。八ヶ岳といえば赤岳展望荘が人気No1ですが、硫黄岳山荘もおすすめですよ


小屋に入り、ベッドを確保すると早速生ビールで乾杯でーす
画像


この日は日曜日ということもあり、小屋はガラガラ。夜も窮屈することなく眠れそう 宿泊者は約30名ほどの様です。

夕食はおかずが沢山出ました、なんとシチューまで
画像


当然のごとく赤岳並みの山盛りご飯をおかわり



夕食後はこれ(ワインと生ハムとチーズ)、今回の目玉ですよ(笑 わざわざ持って登ってきたのでした!!いやー、2600m超えた高地でのワインはすぐに酔いが回ってきます、でも美味しいですねー
画像


あっという間に消灯時間を迎え、眠りにつきました。あすはいよいよ横岳の難所を越えて主峰赤岳を目指します!! 高山病もなく体は絶好調ですが、小屋の階段を上がるだけで息切れするのには閉口しました。というか、こんなことで高所に来たということを実感(笑

2日目に続く。。。翌日の天気予報は雨・・・(汗


その他の写真はこちら!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック