平標山・仙ノ倉山 2009.06.20

今週末は新潟方面の天気がよろしいということで、前々から行きたかった平標山へ行ってきました。
谷川連邦の西端に位置する平標山は高山植物が多く、花の百名山にも選ばれているとか。
画像


朝4時30分に自宅を出発し、いつものように関越鶴ヶ島ICから高速に乗りました。関越トンネルまでは天気はぱっとしない曇り空のまま。こりゃあ今日は天気はだめかな~なんて思っていましたが「トンネルを抜けるとそこは晴天だった」。やったー、感動しすぎて トイレ休憩予定だった土樽PAを通り過ぎてしまいました(汗
湯沢ICで下りて、R17を苗場方面に向かいます。途中無事にトイレ休憩を済まして7時30分頃に登山者専用駐車場に到着、だいぶ早くついた気でいましたが駐車場にはすでに沢山の車が
幸いまだ空きがあって車をとめることが出来ました。広い駐車場でよかったー。

準備をして7時45分頃に駐車場を出発、今回はまず平元新道を通り平標山の家を目指します。
画像


歩き出してしばらくはアスファルトの道、その後砂利道が続きます。麓だけあって蒸し蒸ししますが、空気はおいしい。1時間ほど歩いて登山口へ到着、ここから本格的な登りが始まります。登り始めるとすぐに階段が現れました。そして、この階段がずーーーーーっと続きます

平標山の家まで

ずーーーーーーーーーっとです

登りはじめから下山するまで、行程の7割は階段といっても過言ではないはずです。この階段、歩幅がそろわないので結構疲れますよね。しかも段差の木道なんかだと、1段当り2歩かかったりして、毎回同じ方の足で登ることになり片方の足だけ負担が増えたり。今回はこの階段がきつかったなぁ・・・
話を元に戻し、登山口から40分ほど登って平標山の家に到着しました。
画像

まだ新しい小屋で、外見も中も綺麗、トイレも綺麗でした。ここで一休みした後、平標山山頂を目指します。ここからは稜線伝いでシャクナゲやハイマツ地帯になります。景色はというと東側はほとんどガスで覆われ、時折ガスが切れて仙ノ倉山が垣間見えます。西には苗場山。

コイワカガミ等の高山植物もちらほらと見られるようになり、坂を上り詰めると山頂です。
画像


風が強く、ガスってるなか時折晴れるという天候。じっとしていると体温が奪われそうなので、すぐに山頂をあとにし、仙ノ倉山を目指しました。いったん尾根を下るのですが、ここにお花畑が広がります。
ハクサンイチゲの群落。
画像


他にも、ハクサンコザクラ
画像

やミヤマキンバイ、チングルマ他沢山の高山植物が見られました。

階段道に疲労困憊しつつ仙ノ倉山山頂に到着し、ここで昼食をとりました。こちらの山頂もガスって景色はあまり見えませんが、時折視界が開けます。

万太郎山とその奥には谷川岳が
画像

景色を見ていると、とてもわくわくします。この谷川連邦縦走路は10km以上のきつい尾根歩きらしいですが、いつか歩いてみたいです。

昼食後は仙ノ倉山をあとにし平標山へ、それから松手山コースを下山します。ここの稜線は風の通り道になっていて、常に強風が吹きつけていましたが、風は冷たすぎず心地いい涼しさを運んでくれます。ガスが稜線に当り、反対側では渦巻くような現象も見られました、景色も常に変化します。
画像

松手山まで下りると、ここからは樹林帯。もう一息ですが、この時点ですでに足が疲労困憊でした。頑張って最後の階段道を下ります。
画像

お疲れ様でしたー、麓に到着!!
画像

下山すると登山口付近でなんか作業をしている地元の方から声をかけられました。
(登山口を指差して)「この先でなんかおもしい(面白い?)ことでもあるんですか?さっきもカメラもったグループが(登山口から)出てきたんだけど」

さすがに、この日の人ではすごかったようですね。しかも一眼レフをもって高山植物を撮影されている方も沢山いたのできっとそういう方たちを見かけたんでしょう。

私が「ただの山登りですよ、今は高山植物が見ごろみたいですね」と答えると
「あー、そうですかー」と解ったような解らないような返事をしていました。

今回の平標山・仙ノ倉山、とても楽しかったです。7時間近い歩行時間のうちほとんどがきつい階段道の連続でしたが、それにもまして高山植物のお花畑には癒されました。そして、素晴らしい稜線歩きも楽しめました。

5月のベスト山行が丹沢なら、6月は間違いなくこの平標山・仙ノ倉山です


アルバム作成しました、その他の写真はこちらから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月21日 17:49
5月のベスト疲れた山行が丹沢なら、6月といわず今までのベスト疲れた山行が今回です
でも、お花はさすがだったね~
2009年06月22日 08:58
確かに一般向けとは思えないきつさだったね。
階段は想像以上に強敵だったよ
Cozy
2009年06月22日 18:13
この山はノーチェックでした。
それにしても7割が階段だとは・・・自分の歩幅で歩けないし、土砂が流れて階段じゃなくなってたりして歩きにくいですよね。
相変わらずのストイック登山、お疲れ様です。着々と目標へ向けて進んでおられるようでたくましいっす。
これからは蒸し暑くなるので体調にはくれぐれも注意して下さいナ。
2009年06月23日 08:49
Cozyさん

ガイド本だと一般向きとなっているんですが、いやいや結構きついですね、道が細いので休憩取りにくいのも一因カモ。それでも稜線の高山植物は一見の価値ありです、お勧めですよ
これからの季節、熱中症には気をつけたいですね。

この記事へのトラックバック