両神山-2回目(2008.11.29)

またまた両神山。。

先月行ったばかりなのにまた行ってきました。前回は一人で行ってきたのですが、「両神山は険しそう」と食わず嫌いだった嫁さんが前回の塔の岳山行で自信を付けたらしく、両神山に行ってみたくなったみたいでw

朝4:30に自宅を出発。R16からR299を経て7時前に日向大谷の駐車場に到着。駐車場は自分たちを含め4台停車してありました。この時点で気温は1℃でしたが風が無いので寒さはあまり感じません。支度をすませ7時に登り始めました。

紅葉はほとんど終わっていて、道は落ち葉の絨毯になっていました。
画像


石や木の根が落ち葉で見えにくいので注意して歩きました。

前回は八海山までの比較的緩やかなところをハイペースで歩いて、産泰尾根からの急登でガス欠になってしまったので、今回はその反省を生かしゆっくりとしたペースで登りましたがやっぱり登りごたえがあります。
八海山からの急坂を登り切り弘法の井戸が見えてくる頃から清滝小屋にかけて、辺りの斜面にはちらほらと雪が。先日の雨の時に雪が降ったのかな?鈴が坂をこえて産泰尾根に出ると雪の量が更に増しています。早々に下ってくる人が「これから先、結構雪がありますよ」とのこと。アイゼンは持ってない上鎖場もあるしさらに急な坂が続くので、行くかかどうか迷いましたが、行けそうなところまでは行ってみようということでいざ両神神社を目指します。日陰の斜面は結構な雪道で十分気をつけて

歩けば行けないことはありませんでした。肝心の鎖場は雪はほとんど無く、むしろ雪がない鎖場の方が安心して登れます。
画像

両神神社に着くと雪の割合も増え、山頂までの道も注意が必要でした。ゆっくりゆっくり歩いて山頂に到着。と、そこには絶景が待っていました。前回は雲が多かったせいもあり、遠くの山々が見渡せませんでしたが、北は浅間山、谷川岳方面、北アルプスまで遠望できます。実はこんな関東の1800m足らずの山から北アルプスなんて見えるんかいな?なんて疑惑を抱いていたのですが、すみませんでした!!私が間違っていました

浅間山
画像


谷川岳方面(この中のどれか!?)
画像


北アルプス方面
画像


しばらく山頂での景色を堪能し、昼食をとるべく下山開始。途中両神神社のテーブルとベンチは雪が載っていたので、清滝小屋まで下って食事をとることに。慎重に下山を開始すると、後発の方々が次々登ってきます。雪に注意をしながら産泰尾根を下りきりほっと一息。

あとは清滝小屋で食事を取り、ゆっくり下山となりました。3時頃に両神山荘に到着。カモシカが出迎えてくれました。
画像



両神山はもう冬でした。これからはアイゼンを持参した方がよいと思います。事前にWebで調べた結果、11月に雪が降っているという情報は無かったのであまり心配してなかったのですが、その年その年で状況はわかりませんしね。今年は早かったということでしょう。

そうそう、途中常連のかたと一緒に昼食を取りながら色々話を聞いたのですが、清滝小屋は管理人が山を降り、営業を辞めてしまったみたいです。地主の方といろいろあったようですが、今後は避難小屋として残っていくようです。綺麗な小屋なのに手入れがされなくなるのはとても残念なことですね。


その他の写真はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック