2008.10.11-12雲取山

10月11日12日の1泊2日で雲取山へ行ってきました。
初日は降水確率60%の予報でしたが何とか雨も降らず午後からは日差しも垣間見られました。

西武秩父駅から9:10発の急行バスに乗るのですが、乗り込んだらぎりぎりで座れました。朝から風邪気味で体調が良くなくて、1.5時間近く乗っているわけですから座れなかったらきついな~と思っていたのでとりあえず一安心。

三峰口に到着後、ストレッチを入念にして出発しました。以前体調は全快ではないものの、悪化したら引き返すことも視野に入れて歩きます。それでも霧藻ヶ峰を過ぎお清平で昼食をとったときには登頂する決心をしました。午後からは体調も良くなり、そうなると不思議なもので前白岩、白岩山の急な登りも楽しく思えるんですね。

あ~、山登ってるな~

てな感じで。

お清平(1450m)から
画像








前白岩山を経て
画像








白岩山へ一気に登ります。
画像










本当にきついけど本当に楽しい!!


その後疲れが足に来てなかなか足が前に出ませんでしたが、かろうじて雲取山荘へ到着。
画像








この日は10km程歩いたわけですが、これくらいでガス欠になるとはまだまだですね(^^;

さて、この日は連休ということもあり山荘は結構な混雑具合でした。とくに大パーティが多かったように思います。私と嫁さんは他2組の夫婦の方と同じ部屋でした。8畳部屋に6人ですから十分スペースがありました。部屋には練炭のコタツもあり、これがとっても落ち着けました。2組の夫婦はいずれも年配のベテランの方で、いろいろな山行経験を伺うことができて、これからの山行意欲を刺激されました。嫁さんは私以上に熱心に話を聞いてましたが(笑

食事は事前にwebで調べたとおりハンバーグでした(笑 特別どうということのない食事なんですけど、なぜかご飯が食べれるんで不思議ですよね。食後にワインまで飲んで、先輩夫婦2組は7時に消灯、私たちは8時消灯でした。早!!

2日目、4時30分に起床。顔を洗いに真っ暗な外の水場へ足を向けると、なんと東京の夜景が見えました!晴れると見えると聞いてましたが、前夜はガスって何にも見えてなかったのでびっくり感動!

今日は好天の予感♪

5時に朝食をとり、部屋へ戻ってパッキング。先輩夫婦2組は手際もよくささっと出発してゆきました。水の補給も済ませ、ストレッチもしてわれらはのんびりと6時半頃出発。

出発早々山頂までの登り坂。いや~きつい。脚に昨日の疲れが色濃く残ってます(汗
ひぃ~ひぃ~いいながらも天気がいいうちに山頂へを想いつつ、一歩一歩山頂へ向かいます。

30分ほど歩いてようやく山頂へ到着。すでに息が上がってましたが、この景色をみて全て吹っ飛びました!

じゃ~ん
画像360度、山、山、山!富士山はもちろん、大菩薩嶺とその上に(という表現いいと思います)南アルプス、八ヶ岳、奥多摩の山々、(多分)笠取山、(多分)甲武信ヶ岳、(多分)金峰山ほか名前を知らない山々(汗



嫁さんも感動で写真取り捲り!と思って振り返るとデジカメの電池が切れて交換にアタフタしてました(笑

雲取山非難小屋から富士山と大菩薩嶺と南アルプスの山々
画像









感動に浸ること15分、山頂を後にして下山開始。小雲取山をへて七つ石山へ。もう脚は一杯一杯で、ちょっとの登りでバテバテ~(^^;
後ろを振り返ると雲取山が「また来いや」と言ってくれました(言ってない)
画像








七つ石山を超え千本つつじに到着するといつの間にか巻き道に・・・これはまずいということで尾根道に軌道修正し、高丸山、日陰名栗峰を経て鷹ノ巣山へ(簡単に書いてますがここがもっともきつかったです。アップダウンの繰り返して体力的にも気力も困ぱいしました)。
予定だと鷹ノ巣山か倉戸山へと下山予定でしたが嫁さんが欲を出して、さらに石尾根を下ることに。六つ石山から奥多摩湖へ降りるプランに急遽変更となりました。私は奥多摩駅まで石尾根制覇をしたかったのですが、嫁さんの体力が持つか不安だったので従うことに(これが後に大きな悲劇を生むとは、このときは知る由もなし)。
昼食のパスタを鷹ノ巣山山頂にて済ませて、水根山、城山をへて六つ石山へ向かいます。

が!

このあたりから道がおかしなことに!?だんだん道上に落ち葉が増えてきて足跡もはっきりしなくなり?

これ道かな?

状態に。途中歩きなれたようなおじさんが追いついてくれなかったら引き返したかもしれません。そんなこんなで六つ石山に到着。ここから「榛の木尾根」を通って奥多摩湖へ下山するわけですが、ここで第一の悲劇。

道が・・・ない・・・(汗
画像道がふさがれている箇所多数&今にも熊が出そうです(汗
カウベルつけてる嫁さんにリュックを目一杯振るように指示します「リンリ~ン!!」
さらには超がつく急坂。途中足元の石を転がそうものならそれこそ底なしの井戸のようにいつまでも「カランカラ~ン」。。。。



それでもようやく登山口に到着し今回の登山は無事終了。
画像の、は・ず・で・し・たが、ここで第二の悲劇が、連休ということもあってバスは大混雑、結局2台満員で素通りされて、次も無理だろうということで2つ手前のバス停まで歩く羽目に。。。無事に乗れましたが、その後並んで乗れなかった方が気の毒でした↓





ということで帰宅後ルートを整理してみて、今回は1日目10.7km、2日目約19kmを歩いたことになるのですが、感想としてはまだまだ体力的に足りてないことを実感しました。距離的には十分歩けることが解ったけど、荷物の重量が倍になると考えると・・・アルプス目指すにはまだまだ先は長そうです(^^;

でも、今回の山行で自信もつきましたよ。次の目標というか行ける範囲が広くなった感じがします。嫁さんが自信つけて更なる高みに視線を向けてくれたのが何よりの収穫だったかも。

さて次はどこに行こうか♪


そして今回の雲取山、とてもおすすめです!道も綺麗でマナーもとてもよいと感じました。私の拙いブログではこの程度表現し切れませんが、登ってみるとそれ以上の感動があると思います!
画像←雲取山荘のトイレの看板。ユーモラス♪








美しさ、楽しさ、苦しさは是非登って体験してみてください(^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック